鹿児島県垂水市の議会議員 堀内貴志です。大隅の垂水市のことをどんどん紹介いたします。是非一度垂水にお越しください。素晴らしい景観と、素晴らしい温泉、素晴らしい水をご堪能いただけるものと確信しております。

垂水市議会議員 堀内貴志オフィシャルサイト
国旗日の丸のふるさと
投稿日:2015年1月23日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.11.29 記念碑の清掃

 平成24年12月12日、垂水市牛根麓の道の駅たるみずの敷地内に建立した「国旗日の丸のふるさと」記念碑ですが、建立から2周年を迎えるに当たって携わった人達で清掃をしました。

松ヶ根部屋の激励会
投稿日:2015年1月23日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.11.29 城山観光ホテル

 大相撲松ヶ根部屋の激励会が鹿児島市の城山観光ホテルで開催されたいので行ってきました。

国政の選挙
投稿日:2015年1月23日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.2??12.14 衆議院議員選挙

 第47階衆議院議員選挙が、12月2日に告示され、12月14日までの12日間の選挙戦がスタートしました。
 私は、自民党垂水支部の事務局長という立場で、鹿児島第5区選挙区において森山 裕先生の応援に東奔西走しました。
 その結果は、得票数 94,977票(得票率 79.1%)でした。ご支援していただいた皆さまには心から感謝いたします。

旧垂水フェリー乗り場においての出発式(12/2)


鹿屋市の選挙事務所前においての出陣式(12/2)

垂水市役所前においての街頭演説(12/10)

鹿屋市商工会議所においての総決起大会(12/11)
新船祝い
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.5 かね丸111号

 私が勤める「かね丸水産」で通称”ひっぱり船”と呼ばれている新船のお祝いがありました。今度の船の名称は、「111かね丸」です。

 

大野原いきいき祭り
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.7 大野原いきいき祭りの開催

 毎年多くの観客が訪れる垂水市大野原地区の「いきいき祭り」が、今年も盛大に行われました。大野原の方々の手作りの食べ物「つらさげ芋・そば・がね・桜島鳥の燻製」等々”おもてなしの心にいつも感心させられます。


大正4年の桜島大噴火により桜島から大野原に移住して来た人もいる。その時から100年が経過したと・・・。


大野原は、山に囲まれていることから山の幸はたくさんある。しかしこの日は、海の幸の販売もありました。なぜ・・・?

 

学年レクレーション
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.13 餅つき大会

 垂水小学校4年生の学年レクレーションは、餅つき大会でした。みんな交代で餅つきをして、そして楽しく美味しそうに”つきたての餅”を食べていました。
 

 

町内の餅つき大会
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.21 町内の餅つき

 年末恒例の潮彩町の餅つき大会が、”いきいきクラブ”と”子ども育成会”の主催で行われました。
 


こちらは、「から芋餅」をついています。


こちらは、「あんこ餅」を作っています。

 

垂水市議会の開会
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.11.27??12.19  12月議会の日程

 平成26年第4回定例会が次の日程で行われました。

  • 11月27日   議会開会
  • 12月9??10日 一般質問
  • 12月12日   産業厚生委員会
  • 12月15日   総務文教委員会
  • 12月18日   議会運営委員会
  • 12月19日   議会閉会

※ 一般質問の内容については、「議会だより」の頁に掲載します。

愛知県へ帰省
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.30 父親への挨拶

 平成24年3月、愛知県に住む父親が病を患って半身不随になりました。それから2年半の歳月が流れて、ずっと自宅で療養を続けています。
 元気な身体なら年に数回は、鹿児島を訪れてくれていると思います。年末に垂水市の”黒豚肉”を持って、ちょっと愛知県の両親に挨拶に行ってきました。

地域活性化のためのリーダー育成研修会
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.17 リーダー育成研修会

 小売商業者を取り巻く環境は厳しさが続いており、鹿児島県の各商店街はそれぞれ課題を抱え、地域再生に向けて努力を積み重ねています。

そうしたなか、将来の商店街や街づくりの再生化を考えるうえで、待ちの姿勢ではなくて攻めの対応が必要であり、そのために地域のリーダーを育成することは避けて通れない課題となっています。

 垂水市のアザレアホテルで「垂水市経済同友クラブ」主催において、させぼ四ツ町商店街協同組合(長崎県佐世保市)の竹本慶三氏を講師に招聘してのリーダー育成研修会があったので参加しました。

 

中俣ゑびす祭り
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2015.1.2 中俣ゑびす祭り



 毎年恒例で行われている中俣地区の守り神”中俣ゑびす”のお祭りを行いました。
先祖から引き継がれたものを後世に伝えることが大切だと思いますし、そのためにこの祭りはあります。

お近くにお越しの折りには、お参りしてみて下さい。良いことがあるかもしれません。
 


 

町内の清掃活動
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.21 ボランティア活動

きれいな街づくりの一環として年末恒例の潮彩町の清掃活動が行われました。

地域の人との食事会
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.21 中俣ゑびす会

 今回で3回目を迎える地域の人との食事会ですが、名称が「中俣ゑびす会」という名称になりました。私が小さい頃からお世話になった方々ばかりですが、元気な顔をみれて嬉しくなりました。

垂水市長選挙
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2015.1.11??1.18 垂水市長選挙

 任期満了に伴う垂水市長選挙が、1月11公示、1月18日投開票で行われました。私は、現職の継続を願い「尾脇 雅弥」氏を支持し応援させてもらいました。


事務所前において”出陣式”(1/11)

出陣式の状況を壇上から撮影(1/11)

選挙戦最終日、事務所周辺の方々にお詫びと感謝を込めて清掃活動を実施しました。(1/17)

第16代垂水市長に当選した尾脇市長の初登庁。今後の更なる活躍を期待します。(1/20)

 

操業の安全・大漁祈願
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2015.1.8 操業の安全・大漁祈願

 年始の行事に取り組まれた我が社の安全・大漁祈願のお祀りが行われました。
 

 

定例監査と例月出納検査
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2015.1.23 大隅肝属広域事務組合

 大隅肝属広域事務組合の定例監査と例月出納検査が行われました。

2014.12.9 一般質問(第1回目の演説)
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

12月9日(火)一般質問の1日目の8番手で登壇いたしました。

冒頭(1回目)の質問内容

【内容】 

 今日の質問は、垂水の新しい風として4年目15回目の一般質問になりますが、関係各課の皆様におかれましては、本日も積極的な御答弁をよろしくお願い致します。

 さて2年前に政権奪取した「安倍政治」は、先月21日に衆議院の突然の解散により、今月2日に公示、14日に投開票されます。論点は、アベノミクスの是非、人口減と地方再生、原発・エネルギー、消費税と社会保障、等々多岐に渡りますが、日本経済の危機に瀕していた2年前に比べて「強い経済を取り戻した」のは紛れもない事実です。

 2年前、民主党野田総理が、衆議院を開催した時に、私はこの一般質問の機会に、
「日本再生をどの党に託すのか、有権者に問われるのは、人気取りの言動や政策、一時的なムードに流されることのないように、実績のあるしっかりとした党と候補者を選んで欲しい」
と訴え、結果として安倍政権が発足(ほっそく)しました。

この2年間の実績をみると、その時の国民の選択は、紛れもなく間違っていなかったと云えると思います。
「経済再生」と「財政再建」、そして「地方創生」。ようやく動き出した経済の好循環を止めない為にも、今回の衆議院選挙において引き続き実績のあるしっかりとした党と候補者を選んで欲しいと思います。

有権者の皆様には、必ず投票に行っていただきたいということ、そして選挙管理委員会を所管する市民相談サービス課長に、市民が政治に参加するシステムづくり、いわゆる「投票率がアップする」取り組みをしっかりと行ってもらいたいということをお願いしまして、本日の質問に入らせていただきます。
 

?? 1期4年の市長の実績評価について

  市長の1期4年の実績等につきましては、昨日の川越議員の質問等で理解致しましたが、その中で3点に絞って質問をさせて貰います。

まず1つ目が、「広報・情報発信に対する考え方と効果について」です。

 最近、市外の人と話をするときに、「垂水市って元気あるよね」「頑張っているよね」等とお褒めの言葉を貰います。
 このことに関して自分なりに考えてみました。これは広報面で垂水市の情報発信の方法が変わってきた、いわゆる充実してきたからではないかと思います。
毎月発行される広報誌「たるみず」が変わり、テレビや新聞などにも取り上げられる機会が多くなってきました。

 マスメディアの影響というのは、非常に多きものがありまして、特に市外の人からみると、テレビや新聞で取り上げられることで話題になるのではないかと思います。
「垂水市は元気がある」「頑張っているね」等とお褒めの言葉をいただくのは、こうした情報発信のやり方が上手く機能しているからだと思います。このことは、ひとえに市長の情報発信に対するリーダーシップの表れだと思います。

 ○ そこで市長在任中の4年間のテレビ報道や新聞記事等の宣伝効果を検証するう   えにおいて、金額に換算するとしたら、いったいどれくらいの効果があったのか    具体的な金額で示せないものか?
お尋ねします。


 2つ目は、「財政指標等の推移について」お聞きします。

 市長は、平成23年1月に市長に就任されました。
私の資料では、市長就任時の平成22年度ですが、垂水市の借金である地方債残高は、約103億円であり、基金残高は、約14億円であります。
 市長は、4年前の選挙の時に「行財政改革断行の継続」を公約の一つに掲げられていますが、
  ○ この4年間でどのように改善されたのか?
その推移の状況について教えてください。

 3つ目は、「ふるさと納税の現状について」質問をします。
 全国的にふるさと納税については、各自治体において工夫を凝らし、様々な取組を行っています。
 本市においても、昨年度から制度改正に取り組まれたことにより、寄附件数、寄附金額ともに増加しているとお聞きしていますが、まずは
  ○ その最新の情報について教えてください。


?? 「第30回国民文化祭・かごしま2015」に向けた垂水市の取り組みについて

 来年度、鹿児島県で「第30回国民文化祭・かごしま2015」が開催されることに伴い、県内各自治体では様々なイベントを計画し、垂水市においても
  ○「和田英作・和田香苗記念全国絵画コンクール」
  ○「たるみずふれあいフェスタ2015」
  ○「大隅歴史街道」
の3つの主催事業を企画しています。
 また主催事業以外にも、よさこい祭りを取り込んだ「第14回YOSAKOI九州中国祭りinたるみず」などいくつかのイベントも予定されています。

 過去に国民文化祭を開催した県の実績では、県内外から多くの来客が訪れ、県全体で200??400億円に上る経済波及効果が見込まれると言われており、鹿児島県でその国民文化祭が開催されるということは、垂水市にとっても街が潤う千載一遇のチャンスだと思います。
いかに一人でも多くの方に垂水市に来て貰い、お金を使って貰う。その結果経済波及効果に結び付けるということが大きな課題になってくるのではないかと思います。

そこでまずは、
  ○ 本市で開催される事業の内容とその目的について
お尋ねします。

 現在垂水市では、「第30回国民文化祭・垂水市実行委員会」を中心に詳細な事業計画の打合せと広報活動がされているようです。しかしながら、まだまだ国民文化祭の趣旨や目的など、市民に浸透していないように思います。
 市民が、国民文化祭の趣旨や目的などについて理解しないことには、この効果は、半減若しくは全く得られないことになるものと思います。

  ○ 市民に対する認知度を高め、市を揚げて取り組む気運上昇の方策につい   てどのようにお考えか?
お尋ねします。

 また垂水市により多くの
  ○ 経済波及効果を得る為には、どのようなことが必要になってくるのか?
お尋ねします。

以上で一回目の質問を終わります。

 

2014.12.9 一般質問の要旨
投稿日:2015年1月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2014.12.9 一般質問内容の要旨

第1 1期4年の市長の実績評価について
1.    1回目の質問
(1)    市長の広報・情報発信に対する考え方と効果について
  ○ 広報・情報発信に対する考え方について 
  ○ 1期4年のテレビ報道や新聞記事等の宣伝効果を検証すると金額にしてどれく   らいの効果があったのか?
(2)    1期4年の財政指標等の推移について
(3)    ふるさと納税の推移について

2.    2回目の質問
(1)  市長自身の広報と情報発信に対する思いについて
(2) ふるさと納税について、寄附金はどのように使われているのか?

3.    3回目の質問
(1)    情報発信について、
  イメキャラ「たるたる」は、いつ頃から、どのように使われるのか?
(2) ふるさと納税について、今後の本市の取り組みについて

第2  「第30回国民文化祭・かごしま2015」に向けた垂水市の取り組みについて
1.    1回目の質問
(1)    本市で開催される当該事業の内容とその目的について
(2)    市民に対する認知度を高め、市を揚げて取り組む気運上昇の方策について
(3)    本市に経済波及効果をもたらすためにはどのようなことが必要と考えるのか?

2.    2回目の質問
(1)社会教育課
 10月19日に企業や商店街、文化団体に国民文化祭事業説明会を開催されたが、効果があったのか?まだまだそれだけでは垂水市民の中でも浸透されていないと思うが、今後の予定はないのか?

(2)水産商工観光課
○    課長は「国民文化祭」の事業に対してどのように考えているのか?
○    今後どのような手段を講じようとしているのか?

(3)財政課
○    自腹で垂水市の情報発信に努めている事業を知っているか?
○    市として経済的な支援や補助はできないか?

3.3回目の質問
 この国民文化祭に市内外から多くの客が訪れるということは、市民の方々には、儲ける絶好の機会であり、この民文化祭の機会を通じて、活力を取り戻して欲しい。
市長は、この国民文化祭に対してどのようにお考えか?

学校保健委員会の開催
投稿日:2015年1月30日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2015.1.27 学校保健委員会

 

 垂水小学校の学校保健委員会が開催されたので参加しました。今回のテーマは、「子ども達とネットの世界」 ??大人たちはどう見守っていくか  でした。

 考えてみると我が子(小4年)の場合、DSやwiiなどでゲームをやる時間を与えすぎたかもしれないと反省させられる委員会でした。
 

twitter
facebook
このページを購読する
アクセスカウンタ
トータル55555
昨日335
篁頑律195