鹿児島県垂水市の議会議員 堀内貴志です。大隅の垂水市のことをどんどん紹介いたします。是非一度垂水にお越しください。素晴らしい景観と、素晴らしい温泉、素晴らしい水をご堪能いただけるものと確信しております。

垂水市議会議員 堀内貴志オフィシャルサイト
本日の記事
投稿日:2013年6月1日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.1 YOSAKOIソーラン祭りへの参加

 5/30のこの頁に載せて紹介した鹿児島県から初参加の「YOSAKOIソーラン祭り」への参加の記事ですが、本日の南日本新聞へ記事として載りました。

 垂水市拠点の「たるみずYOSAKOI社中 桜輝楽からも9名の踊子とスタッフが参加し、鹿児島県をPRしてきます。

正面で楽しそうに踊って人が、メンバーのひとりです。わかりますか?

瀬戸口籐吉翁記念行進曲コンクール
投稿日:2013年6月1日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.1 第15回瀬戸口籐吉翁行進曲コンクール

 軍艦行進曲の作曲者「瀬戸口籐吉翁」が地元の垂水出身ということで平成11年から開催されている「瀬戸口籐吉翁記念コンクール」が、本日、垂水市文化会館で行われています。

第15回目を迎える今年は、地元の垂水小学校、垂水中央中学校をはじめ、20団体が出場してグランプリを目指します。

LCC航空の開通
投稿日:2013年6月6日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.1 ジェットスターが開通

LCC航空の開通が相次いでいる中で、5/31に新たに「ジェットスター航空」が鹿児島便に開通しました。 
この開通により??鹿児島と名古屋??が一段と近くなったように思います。

 

八千代伝酒造
投稿日:2013年6月6日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.6 八千代の森

 垂水市の酒造のひとつである「八千代伝酒造??」は、きれいな清流のある「猿ヶ城渓谷」の入り口に酒蔵を持って います。

猿ヶ城渓谷は、県立自然公園、おおすみ自然休養林に指定されている高隈山の麓に位置し、その「八千代伝酒造」のある一帯は「八千代の森」と云われ るくらいに樹木と歩道が環境整備されています。

写真は、今日撮ってきたものですが、あじさいの花が見頃を迎えており、最高の景色でした。
今週の週末には、ここのあじさいの苗が、旧垂水フェリー乗り場の前のロータリーの一角に植えられるそうです。



6月議会の開会
投稿日:2013年6月7日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.7 平成25年第2回垂水市議会の開会

 本日AM10:00から平成25年第2回垂水市議会定例会が開会されました。

 今議会の日程は、次のとおりです。

  • 6/ 7(金)議会開会
  • 6/18(火)一般質問
  • 6/19(水)一般質問
  • 6/21(金)産業厚生委員会
  • 6/24(月)総務文教委員会
  • 6/27(木)議会運営委員会
  • 6/28(金)議会閉会
     

 今日の議会が終了後に、議員として永年在籍された4名の方に永年表彰の伝達か行われました。(写真参照)
また本議会の案件については、「議会だより」の頁に掲載します。

継続は力なり
投稿日:2013年6月8日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.7 メルヘンスポーツ(水泳)

 昨日学校が終わってからスイミングスクールに行って帰ってきた息子が、嬉しそうに「今日、水泳でもらったよ」と見せてくれました。

 3年継続の会員にもらえるシルバー賞という記念の楯です。

「記念に写真を撮ろうか」と言ったら、いつもはカメラに向かってポーズを取らない息子も、この時ばかりは、しっかりと笑顔でポーズを取っていました。よっぽど嬉しかったんですね。

選挙対策委員会
投稿日:2013年6月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.8  いよいよ参議院議員選挙。

 自民党鹿児島県第5選挙区支部:第23回参議院議員選挙対策委員会がありましたので、垂水支部の一員として参加してきました。

 日程については、最終確定は今月中旬の閣議決定ということになりますが、
7月4日公示、7月21日投開票
ということで動き出しているようです。

 参議院選挙は、「選挙区選挙」「比例代表選挙区」に分かれますが、鹿児島選挙区参議院候補「おつじ秀久」氏ですので、どうかご理解のうえ、ご協力ご支援をよろしくお願いします。

 

学年レクレーション
投稿日:2013年6月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.9 垂水小学校の学年レク

 垂水小学校3年生の学年レクレーションに参加しました。

 

農業者年金受給者総会
投稿日:2013年6月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.5 定期総会

 垂水市で行われた「農業者年金受給者第33回定期総会」へのオファーがあり、皆さんの前で元気にYOSAKOIの活気を振る舞っていました。
 

よさこいソーラン祭2013??札幌
投稿日:2013年6月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.8 よさこい鹿児島県連??チーム桜島

 よさこい鹿児島県連がかご試験内10団体の合同チーム「チーム桜島」を結成し、6月7??9日に札幌市で開催された「よさこいソーラン祭2013」に参加しました。

 鹿児島県からの参加は初めてで、垂水市の
「たるみずYOSAKOI社中:桜輝楽(おきらく)」も一緒に参加しました。

このときの映像をYouTubeで見つけましたので、紹介します。

 チーム桜島??よさこい鹿児島県連の演舞 www.youtube.com/watch

決起集会のご案内
投稿日:2013年6月10日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.10  参議院議員選挙に向けた決起集会の開催

 7月の参議院選挙(7/4公示・7/21投開票)が近づいてきました。自民党垂水支部の事務局長という立場で、今回の選挙は圧倒的な勝利を目指さなければなりません。

 今日1日、垂水市で開催予定の「決起集会」の案内書の作成に費やしました。

垂水市での決起集会は、

  1. 日時  6月22日(土曜日) AM11:00??
  2. 場所  垂水ベイサイドホテル アザレア 2階 大ホー

で開催します。当日は、衆議院議員(県連会長)森山裕氏繧偵∴メ倥a公認候補「おつじ秀久」氏陣営の方にご臨席を賜る予定になっています。

 ????誰でも、どなたでも参加できますので、ご家族、ご友人をお誘い
のうえ、多数のご参加をお願いします。????

 

あじさいの花
投稿日:2013年6月12日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.11 あじさいの植樹

 垂水市の旧フェリー乗り場の前のロータリーに「あじさいの苗」が植えられました。これは垂水市商工会女性部が猿ヶ城渓谷の畔にある「八千代伝酒造」の八千代の森から持って来て植えたものです。

 これから梅雨の季節になりますが、梅雨のじめじめした気分を、このあじさいが爽やかにしてくれるのではないかと思っています。またこの先この場所を「あじさいロータリー」と呼ぶ日が来るのでは・・・・・。(^_-)

 垂水市は、「花と渓谷と温泉のまち」というキャッチフレーズがありますが、季節を通じて常に季節の花が咲いている街でありたいと思っています。

 商工会女性部の皆さん、本当にありがとうございます。


ビフォー

アフター

 

平成25年第2回垂水市議会の開会
投稿日:2013年6月14日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.7 平成25年第2回垂水市議会の開会

 本日AM10:00から平成25年第2回垂水市議会定例会が開会されました。

 今議会の日程は、次のとおりです。

  • 6/ 7(金)議会開会
  • 6/18(火)一般質問
  • 6/19(水)一般質問
  • 6/21(金)産業厚生委員会
  • 6/24(月)総務文教委員会
  • 6/27(木)議会運営委員会
  • 6/28(金)議会閉会

 今日の議会が終了後に、議員として永年在籍された4名の方に永年表彰の伝達か行われました。(写真参照)
また本議会の案件については、「議会だより」の頁に掲載します。

生涯学習オープニングフェア
投稿日:2013年6月16日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.16 平成25年度生涯学習オープニングフェアの開催

 生涯学習オープニングフェアは、生涯学習市民講座・各地区公民館の公民館講座・高齢者リーダー学級の開校式を行って、学習の動機付け、学習意欲を高めるために行われています。

 本日午前9時30分から、垂水市市民館(大ホール)にて、関係者が多数のなか、盛大に行われました。

協和江ノ島会
投稿日:2013年6月16日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.16 第24回「協和江ノ島会」の開催

 垂水市立協和小学校にお勤めになられた先生方の集まりである「協和江ノ島会」が、温泉ソムリエがいる温泉として有名な「ホテル江洋館」で開催されました。

 議員になって案内が届くようになり、今回で3回目の参加になります。
私が小学2年生の時の担任の伊集院先生は、この会の幹事をされていますが、お年が90歳になられたということです。いつまでもお元気で頑張ってもらいたいと思っています。

大漁旗
投稿日:2013年6月16日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.16 大漁旗の贈呈

 私の勤め先でもある「かね丸水産」ですが、来週の21日(金)に新船「八十八みゆき丸」が、進水します。それにあわせて本日、「中俣ゑびす会」の会長から「かね丸水産」社長へ、大漁旗の贈呈をいたしました。

 中俣ゑびす会は、明治4年に「恵比寿の神様」を祀るために建立されたものを、平成18年11月に再建したときに立ち上げた「ゑびすの神」を守る会です。
社は、垂水市中俣の国道(220号線)沿いにあります。目印は、私の看板です。

★★★ お参りするときっと良いことがある神様です。★★★

 

市議会??一般質問
投稿日:2013年6月18日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.18  一般質問1日目

 今日から2日間に渡り、垂水市議会(一般質問)です。私は、本日(1日目)の2番手(AM10:30頃~)で登壇します。 今回の質問のテーマは、

1. 「人口減少対策プロジェクト」について
  5月号の広報たるみずに掲載された「いつやるか。今でしょ!」という表紙について、論文だけではなくて、事実行動するか?否か?について

2. 垂水市の温泉事業の活性化について
  「海潟温泉再生会」の活動を、行政が何処まで理解しているか?行政の立場で支援の検討はしないのか?垂水市の温泉事業に対する取組みについて

3. 「垂水市新型インフルエンザ等対策本部条例」(案)につい
... この条例の制定にあたり、強毒性のH5N1型インフルエンザの恐怖について、危機感を持っているか?否か?について

等々のことについて尋ねることにしています。

 時間の調整の付かれる方は、一度、議会の雰囲気を味わってみては如何ですか?
誰でも、いつでも入室・退去ができますので、お越しください。
 また結果については、このブログ(ほりうち貴志オフィシャルサイト)??「議会だより」の頁に掲載しますので、そちらも覗いてみてください。

2013年6月18日 一般質問内容
投稿日:2013年6月20日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.19
南日本新聞に答弁内容の一部が掲載されました。

 


 

2013.6.18 一般質問内容の要旨

第1  人口減少化対策について

  1. 質問1回目
    (1)人口減少対策プロジェクトの内容と作業部会の体制について

    (2)この数値(27年後、垂水市の人口を約9,500人)のとおり辿った場合に、本市はどのような状況におかれていると推測されるのか?

    (3)5月号の「市報たるみず」のこの特集の中で「課題解決の考え方(「持続可能な自治体運営」「成果重視のプロジェクトの推進」)について具体的に説明をお願いします。
     
  2. 質問2回目
    (1)今回のプロジェクトに取り組むにあたって、他地域よりも充実した垂水市の独自性が見つかっているのか?

    (2)   垂水市の環境を生かして大胆かつ独自の施策についてアイデアがあるのか?

     
  3. 質問3回目
    職員から提案制度を創設することについて
     
  4. 質問4回目
    市長を本部長とする「人口減少対策本部」が設置されたが、 人口減少対策に取り組む決意とリーダーシップをどのように発揮していく考えか?

?? 垂水市の温泉事業の活性化について?

  1.   質問1回目
    (1)   温泉事業の活性化についてどのように認識され、今後、どのように取組みをされるのか?

    (2)
    「海潟温泉再生会」の活動についてどのように理解しているか?
    行政として支援する手立てはないのか?

    (3)   徴収した入湯税について温泉事業に特化して利用できないか?

  2. 質問2回目
    「花と渓谷と温泉のまち」のキャッチフレーズあるように、温泉の街をイメージさせる街づくりがされているのか?

  3. 質問3回目
    予算措置をして、「温泉の街」と思えるような看板、温泉モニュメントの設置や温泉施設の整備改善のための助成制度などはできないのか?
     

?? 垂水市新型インフルエンザ等対策本部条例(案)について

  1.  質問1
    (1) 新型インフルエンザ等対策特別措置法が制定された経緯について

    (2) 新型インフルエンザについてどのように把握しているか?


     
  2. 質問2
    (1)  新型インフルエンザ等発生時の措置について

    (2) 新型インフルエンザ等発生時の行動計画作成の時期について
2013年6月18日 一般質問(第1回目の演説)
投稿日:2013年6月20日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

 

※ 6月18日一般質問の1日目の2番手で登壇いたしました。

冒頭(1回目)の質問内容

【内容】
はようございます。垂水の新しい風の「堀内貴志」でございます。
今日の質問は、私にとって3年目9回目の一般質問になりますが、関係各課の皆様におかれましては、ご理解のうえ明確かつ積極的な御回答をよろしくお願い致します。

さて7月の参議院選挙(7月4日公示・7月21日投開票)が近づいて参りました。今回の参議院選挙からインターネットを利用した選挙運動が解禁され、ネットを通じた交流サイト「facebook」や短文投稿サイト「ツイッター」などが全面的に認められます。

インターネットを選挙に利用する狙いは、政治と有権者の距離を縮め、政治への参加を促すことにあるといいます。
今回の参議院選挙で、選挙運動がどのように様変わりするのか、政治に関心が薄いとされる若者の声を吸い上げ、投票率アップに繋げられるかどうか?
楽しみな選挙でもあります。

垂水市においては、ネットに慣れていない有権者の方が多いと思いますのでネット選挙に頼ることなく、投票率が少しでもアップするように、選挙管理委員会の方々にしっかりと広報していただきたいということをお願いして質問に入らさせて頂きます。

?? 人口減少対策プログラムについて

最初の質問は、「人口減少対策プログラム」についてお尋ねします。
4月8日発行の南日本新聞の第1面に大変ショッキングな記事が掲載されました。

国立社会保障・人口問題研究所が、今から27年後の2040年(平成52年)には、垂水市の人口は、調査時(2010年)の17,248人から1万人を割って約9,508人に減少、人口減少率で44,9%減少すると発表しました。
県内の人口減少化率で比較しても、南大隅町(52,5%)、錦江町(47,7%)に次いで垂水市が(44,9%)とワースト3番目、14歳以下の年少人口でも調査時2010年時の半数以下になると推測しています。

そんな中で、今年4月に「第4次垂水市総合計画(2013.4)」の見直しがされて、本市の最重要課題として「人口減少対策プロジェクト」が新設されました。また5月号の「広報たるみず」には、「人口減少対策プロジェクト始動」「いつやるか。今でしょう!」と、危機感を募る言葉で表紙を飾っています。
まず、「この人口減少対策プロジェクトの内容と作業部会の体制について」お尋ねします。

私は、人口減少化対策は、難しい問題だと思いますが、結果を出さなければいけない重要な課題とし、私自身、当選して初めての議会の一般質問の中でこのことを取り上げました。
あれから2年経過して、やっと本気を出してもらったのではないかと期待感を持っています。
この2年間という歳月が早かったのか?遅かったのか?なぜ2年前に直ぐに始動しなかったのか?もっと早く始動して欲しかったと思いますが、いずれにしてもこの度、行動に移ったということは大変評価しています。是非とも本腰で取り組んでいただきたいと思います。

そこで、お聞きしたいのは、この「国立社会保障・人口問題研究所」が発表したとおり、今から27年後の垂水市の推計人口を約9,500人として、
この数値のとおり辿った場合に、本市はどのような状況におかれていると推測されるのか?
お聞かせください。

また5月号の「市報たるみず」のこの特集の中で、人口減少対策の「課題解決の考え方」として2つの大きな項目で説明がされています
「持続可能な自治体運営」「成果重視のプロジェクトの推進」ですが、このことについて、この場で具体的に説明をお願いします。


?? 垂水市の温泉事業の活性化について?

2つ目の質問は、「垂水市の温泉事業の活性化について?」お尋ねします。

昨年の6月に垂水市に「海潟温泉再生会」という有志のグループが発足し、今年の1月19日に「第1回目の再生会議」を開催しました。
会の目的は、「海潟の誇る温泉資源と、豊富な海洋資源を組み合わせて、子や孫の代にまで誇れる海潟地域をつくること」だそうです。
現在の会員は、約40名で1ヶ月に1回の割合で再生会議を開催しており、メンバーのうち8名の方が、温泉ソムリエの認定を取られたと聞いています。

市長も、この海潟温泉再生会の会議に、幾度となく出席されて、自らも「温泉ソムリエ」の認定を獲得されたとブログで発信されています。

市長自ら「温泉ソムリエ」という資格を有して、垂水市の温泉について情報発信することは、垂水市の温泉事業に対して大きな効果を得るものとして私は大変評価しております。

私は、これまでの一般質問の中でも幾度となく垂水市の温泉事業の活性化のことについて取り上げました。

最初が、私自身当選して初めての議会である(23年第2回6/6)の一般質問の中です。
垂水市のキャッチフレーズ「花と渓谷と温泉のまち」を取り上げて、温泉事業の広告看板等の設置要望について質問をいたしました。

当時の商工観光課長は、
○    市内の観光案内板に温泉の場所がわかるよう工夫していきたい
○    市内の温泉めぐりを周遊できるチケットの販売や各種温泉施設の成分、効能の表示については関係業者と協議させていただきたい。また、「温泉施設者に対する改修費負担について、市として助成できないか」という質問に対し、
○    個人への助成はできないが、温泉施設は本市の観光にとってなくてはならない施設であるので他に支援策がないか検討してみる。
と回答されました。

更に(24年第4回12/5)の一般質問の中で、前回の質問後の進展状況を確認するために「温泉の街とわかるように垂水市の観光案内板に温泉の表示をするような取組はあるのか?」という質問をしましたが、
○    市役所の正面玄関前に垂水市の観光案内板をリニューアルして温泉のマークを入れた。
○    道の駅や宮脇公園の看板は、写真印刷になっているので体裁がわるいので避けた。
と、これと云った温泉事業に対して効果的な取組がなされないままの状況であると思われます。

またこの時には、市長と財政課長にも「垂水市の観光振興として、温泉は一つのキーワード。垂水市の温泉をイメージさせる看板等を設置して欲しい」と強く要望しています。

私は、垂水市の観光振興を思えばこそ、一般質問を通じて、温泉事業の活性化について強く訴えているところですが、行政サイドの方に、一向に前向きな動きが見られません。

そこで再々度「温泉事業」のことについて質問をいたします。
垂水市として「温泉事業の活性化についてどのように認識され、今後、どのように取組みをされるのか?」お尋ねします。

更に、民間で温泉事業の再生に関して取り組んでいる
「海潟温泉再生会について、どのように理解されているのか?」
「行政として支援する手立てはないのか?」
お尋ねします。

何回も話しますが、私は「垂水市の温泉資源を生かした街づくり」は、垂水市の観光振興には、なくてはならない重要な事業の一つだと思っています。

そして垂水市の温泉事業の活性化を図るために「温泉の街をイメージさせるような看板やモニュメントの設置、更には温泉施設の修復改善などの目的で、予算措置というもの」が必要になってくると思います。

そこで予算措置を確保するために提案しますが、現在、温泉施設の経営者から徴収している入湯税について、
「過去3年間に遡ってどれだけの額を徴収しているのか?」
「更にはその入湯税を温泉事業に特化して利用できないか?」
お尋ねします。

この質問については、平成24年第2回(6/12)一般質問の中で、質問したことがありますが、その時の税務課長は、
○「温泉施設等の整備に対する助成等に関する制度設計、これをそれぞれの主管課において行う必要がある」
○「検討、整理の上、総合的な観点から実施可能かどうか
判断すべきである」
と答弁されており、明確な回答をされていませんので、本日再質問という形でさせていただきますので、よろしく御回答をお願いします。


?? 垂水市新型インフルエンザ等対策本部条例(案)について

大きな質問の3つ目は、今議会日程の中で提案されている「垂水市新型インフルエンザ等対策本部条例」(案)に関してお尋ねします。

この条例提案は、昨年(平成24年)5月10日に「新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)」が公布され、今年(平成25年)4月13日に施行されたことに基づいた条例(案)だと思います。

「今回の条例(案)の基となった「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が制定された経緯について」お尋ねいたします。

また「新型インフルエンザについて」の質問については、議員の皆様も大変興味を持っている案件でありまして、平成21年第2回(6月議会)で池山議員が、平成21年第3回(9月議会)では、同じく池山議員と市長自ら議員という立場で、更には昨年(平成24年)第4回(12月議会)でも川越議員が安全対策のなかで、このことに触れて、それぞれが質問をされています。

この新型インフルエンザですが、毎年流行を繰り返す季節性のインフルエンザと異なり、ほとんどの人がそのウィルスに対する免疫を持っていないことから、ウィルスが人から人へ効率よく感染した場合は、世界的大流行(パンデミック)となる虞があると云われています

2009年に発生した「H1N1型??新型インフルエンザ」は、我が国においても死亡率が低い水準にとどまりましたが、鳥インフルエンザの中でもアジア、中東、アフリカを中心に散発的に発生している鳥から人へ感染する「H5N1型??病原性鳥インフルエンザ」は、人から人に感染するようになった場合、多くの人命が失われ、極めて深刻な社会混乱が発生すると云われています。

実際に、東南アジアを中心にH5N1型??新型インフルエンザに感染した患者は、38℃以上の発熱、下痢、鼻血、歯肉出血、血痰、呼吸困難など激烈な症状を起こし、約60%の致死率で死亡しています。

専門家の報告によると、この鳥を中心に流行しているH5N1型??病原性鳥インフルエンザが、人から人に効率よく感染する強毒性のH5N1型??新型インフルエンザに変異する危険性が高いと話しています。

「行政としては、この新型インフルエンザについてどのように理解しているのか?」お尋ねします。

以上で一回目の質問を終わります。

南日本新聞??議会内容
投稿日:2013年6月20日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.19
一般質問の内容が新聞に掲載

 垂水市議会では、6月18??19日の2日間にわたり、一般質問が行われ、16人の議員中12名の議員が質問をしました。

 私は、初日(6/18)の2番手で登壇し、行政当局にテーマを3項目決めて質問をしました。

詳細については、このサイト「議会だより」の頁に掲載しましたので、ご覧ください。

決起大会の開催
投稿日:2013年6月22日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.22 参議院議員選挙??尾辻秀久氏

 本日、自民党垂水支部では、垂水市のベイサイドホテルアザレアにおいて、「平成25年定期大会」と「参議院議員選挙に向けた決起集会」を次の日程で開催しました。

1. 第一部 AM10:00??
垂水支部定期大会

2. 第二部 AM10:30??   第23回参議院議員選挙??垂水支部選対委員会

3. 第三部 AM11:00??   参議院議員選挙の向けた決起集会
(主な出席者)

  • 衆議院農林水産委員長・自民党鹿児島県連会長 森 山  ひろし氏
  • 元厚生労働大臣 参議院議員 尾 辻  秀 久 氏
  • 垂水市長 尾 脇  雅 弥 氏
  • 鹿児島県議会 議員 堀之内 芳 平 氏

衆議院議員 森山先生の来賓あいさつ

参議院議員 尾辻先生の決意表明


※ 私は、「自民党垂水支部の事務局長」と「選対委員会の事務局長」という立場で、今回の参議院議員選挙を闘いますが、比例区においては、鹿児島県連は公明党さんとの選挙協力を維持しております。どうか公明党さんにも十分なご配慮をしていただきますようにご協力をお願いします。

合宿??1泊2日
投稿日:2013年6月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.22~23 合宿

 たるみずYOSAKOI社中:桜輝楽では、垂水市内で合宿を行いました。練習場所はキララドーム武道館で宿泊先は、「古民家の宿:たるみず」です。

夜には、恒例の懇親会があり、夜遅くまでいろいろな会話が飛び交い、賑やかに盛り上がっていました。
特に札幌市で開催されたYOSAKOIソーラン祭りに参加したメンバーからの話は、大変興味を持つ体験談でした。
 

 

市P連バレー
投稿日:2013年6月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.23 市PTA連絡協議会バレーボール大会

 市PTA連絡協議会バレーボール大会が、市体育館で開催されました。

 保育園、幼稚園、小中学校ごとに、それぞれチームを結成しての戦いで、熱気むんむんの中で皆さんが真剣に取り組んでいました。果たして優勝は、どこのチームに・・・・・。

進水祝??餅投げ
投稿日:2013年6月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.23 進水祝

 今朝、造船所(佐賀県伊万里市)を出向した新船「八十八みゆき丸」は、夕方、大漁旗をなびかせて垂水市の港に着きました。

 錦江湾を走る姿は、まるでクルーザーのようですね。これで漁船とは・・・・。

そして港では、多くの人が集まり、進水をお祝いする恒例の餅投げを行いましたが、餅の中には、協賛していただいた会社関係者の方々からいただいた商品との引換券が入っていたそうです。

 また進水祝いを盛り上げるために演出していただいた「飛龍太鼓」の皆さん、ありがとうございました。

 

2013.6.24 総務文教委員会(現地視察)
投稿日:2013年6月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.6.24  総務文教委員会の現地視察

 総務文教委員会で所管する関連場所について、当初は、4ヶ所の予定でしたが、議員サイドから1ヶ所(垂水高校プール)を要望して追加してもらい、5ヶ所について現地視察を実施しました。

  1. 日時 : 平成25年6月24日 AM9:30~AM11:30
  2. 場所
  •  柊原小学校??築50年を経過している校舎の外壁改修工事の予算化。
     
  •  垂水中央中学校??不審者侵入防止フェンス等工事、グランド整備工事、プール新築工事、武道館新築工事等の予算化。
     
  •  水之上小学校??雨漏り防止のための屋根の改修工事の予算化。
     
  •  協和中学校??老朽化した外壁改修工事の予算化。
     
  •  垂水高校プール??高校で使用しなくなった室内プールの状況確認。 

柊原小学校の校舎の状況

垂水中央中学校のグランドの状況

水之上体育館の状況

協和小学校の校舎の状況

垂水高校プールの状況

垂水高校プールの状況

○ 垂水高校プールの状況を確認しましたが、私個人としては、「垂水市に室内プールがあるのにも関わらず、市民に使用されいないのがもったいない」というのが率直な意見です。

○ 垂水市の子ども達は、スイミング教室は全て市外へ通っている状況や高齢者等の健康づくりを考えれば、是非とも垂水市に室内温水プールが必要ではないかと常に思っています。  

○ 高校が使わなくなった室内プールですが、水漏れの調査、トイレの水洗化の改修工事を伴いますが、市民が活用できるプールとして活かすことができるのではないかと思うのは、私だけでしょうか?
 

twitter
facebook
このページを購読する
アクセスカウンタ
トータル55555
昨日335
篁頑律195