垂水市議会議員 堀内貴志オフィシャルサイト
東京陳情2日目
投稿日:2011年8月7日  投稿者:堀内貴志

2011.8.5 
自民党「森山先生」を訪ねる

AM9:30  衆議院議員 森山ひろし先生の事務所衆議院第1会館515号室を訪ねました。

森山先生は、「海潟地区の早崎改良整備については、既に計画が進んでいるようである。」
「牛根境の200ミリ規制の道路をどう解消するかが最大の課題である」との見解。 


続いて同階にある衆議院第1会館513号室徳田たけし先生の事務所を訪ねましたが、不在のため秘書の方とお話をさせてもらいました。

その後、隣接する参議院会館に移動しましたたが、それそれの会館に入るときは、必ず身体検査と持ち物検査を受けました。

要人警護のためのチェックです。

また街頭にも警視庁機動隊が30??間隔で警備に張り付いていました。万全の警備体制でした。
 


参議院会館では、1219号室加冶屋義人先生を訪ねたところ僅かな時間でしたがお会いすることができました。
 先生は、鹿児島で会議があるとかで直ぐに羽田へ向かわれました。

参議院会館722号室佐藤信秋先生を訪ねたところ、在室され陳情のお話を聞いて頂きました。

 参議院会館
1120号室野村哲郎先生は、決算特別委員会の最中。TV中継を通して一方通行でご挨拶をして参りました。

515号室尾辻秀久先生参議院決算特別委員会の関連で多忙中につきお会いできませんでしたが、秘書の方を通じて陳情の内容をご説明して参りました。

国会は「国権の最高機関」であって、「国の唯一の立法機関」と位置づけられているだけあって、国会議事堂付近では、警視庁機動隊の厳重な警備の中で国の”まつりごと”政治が行われている。
時に待ったなし、久しぶりにきびきびした都会の雰囲気を感じました。

 この陳情を通じて、1点だけ言えることは、東北関東大震災の復興支援は、最優先しなければならない重要課題ですが、そのために地方の整備が遅れることはないということをお聞きしました。地方に分配する予算を削ってまで復興予算を作るのではなくて、復興のための別枠の特別予算を作るということだそうです。

 大震災の経験からも国道の整備がなければ、緊急避難道路として、また被災時の救援道路としての機能を十分に果たせないことを痛感している。
 災害は何時、何処で、発生するかわからない日本の地形です。そのためにも各地方の国道整備は緊急に進める必要があると思っています。
 


羽田に向かう途中にTBSテレビの赤坂サカスにちょっと寄って見ました。

赤坂サカスには、テレビでおなじみの亀有公園前派出所がありました。

 羽田空港16:30分発(ANA627便) → 鹿児島空港18:15着 で帰路につきました。


コメントをどうぞ
メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。
ウェブサイトをご記入いただきますと、お名前にサイトへのリンクが貼られます。
名前(ハンドルネーム可)
メールアドレス
ウェブサイト
コメント
下の絵の数字をそのまま入力してください(セキュリティコード)

twitter
facebook
このページを購読する
アクセスカウンタ
トータル55564
昨日335
篁頑律204