鹿児島県垂水市の議会議員 堀内貴志です。大隅の垂水市のことをどんどん紹介いたします。是非一度垂水にお越しください。素晴らしい景観と、素晴らしい温泉、素晴らしい水をご堪能いただけるものと確信しております。

垂水市議会議員 堀内貴志オフィシャルサイト
松ヶ根部屋激励会
投稿日:2013年12月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

   城山観光ホテルで開催された「松ヶ根部屋鹿児島後援会激励会」に行ってきました。女将さんが、硝子坂を熱唱しましたが、昔と全く変わらない姿と声に感動でした。

垂水市子ども会綱引き大会
投稿日:2013年12月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.1 垂水市子ども会綱引き大会

 垂水市子ども会綱引き大会が、垂水市体育館で行われ、我が家の息子も参加しましたが、なんと低学年の部で「準優勝」したそうです。

 私は、開会式には出席しましたが、肝心の息子の表舞台は、拝見できませんでした。夕方になって息子が、「お父さん、綱引き準優勝したよ」 って満足そうに話してくれましたが、その後で「頑張ったからゲームソフト、買って・・・」 と要求してきました。
 息子には、「それは関係ないだろう」 って人生の厳しさを教えてやりました。

 でもサンタさんが、ひょっとしたらプレゼントするかもしれません。
  ?? 甘いかな?! ??

大野原いきいき祭り
投稿日:2013年12月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.1 大野原いきいき祭り

 この日垂水市では、市体育館では「垂水市子供会綱引き大会」、潮彩町では「クリスマス会(子供会)」、「大野原いきいき祭り」とイベントのパレードでした。

 大野原に行く途中の道路沿いで、「軽トラ市」 が開催され、地元の産物の格安販売をしていました。ちょっと立ち寄り、今夜の食材(白菜・人参・キノコ・シメジ等々)を買いました。きっと鍋料理かも?と思いながら・・・。
 そして途中の「垂水千本イチョウ」の前は、車と人でいっぱいでしたが、「大野原いきいき祭り」にもたくさんの人が訪れていました。
 

 

国旗日の丸のふるさと
投稿日:2013年12月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.3  「昇平丸」の帆船の交換

 垂水市の牛根麓付近一帯は、「国旗日の丸のふるさと」 として、昨年の12月12日にモニュメントを建立しました。

 建立から1年が経過し帆船(昇平丸)の帆が痛んでしまい、近隣の人から「幽霊船か」等と言われたこともあり、この程、道の駅たるみずの出荷者組合のメンバーと帆船の帆の交換と清掃を行いました。午前中で終わるかと思いきや、全てが終わったのは夕方でしたが、その作業の達成感に満足の1日でした。
ビフォーとアフターをご覧ください。

※ 作業中に立ち寄っていただいた「大阪府建築士会」の皆さま、帆船の帆の交換作業が終わりましたので、きれいになったモニュメントをもう一度見に来てください。

 

持久走大会2013
投稿日:2013年12月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.7 垂水小学校

 

 垂水小学校の恒例の持久走大会があり、応援に行ってきました。
 我が家の息子も出場しましたが、昨年第30位だった順位を5ポイント上げて、第25位でゴールしました。

 息子なりに、よく頑張ったんではないかと思っています。
 

 

たるみず千本イチョウ
投稿日:2013年12月9日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

  鹿児島県の景観大賞第1号 「垂水千本イチョウ」 のライトアップが、いよいよ明日(12/8)までということになり、本日土曜日に家族で行ってきました。
黄金色に輝くいちょうの木とジュータンが、最高でした。

 

中学校の持久走大会
投稿日:2013年12月13日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.12 垂水中央中学校

 今週の月曜日に「木曜日に持久走大会があるから応援に来てね」 って自分の娘みたいな子に言われていたことから、時間を調整して応援に行ってきました。

 今年は、垂水中央中学校の校庭整備がされている関係から垂水中央公園陸上競技場で開催されましたが、桜島の降灰もなく、晴天のなか、絶好の環境の中で行われました。
 競技は、女子3??、10分後に男子5??。
 女子がスタートして、10分後に男子が出発した時には、女子の第1位がゴールしていました。 早かったね。将来有望な人材になるかもです?!
 


女子のスタート

男子のスタート

 

2013年12月10日 一般質問(第1回目の演説)
投稿日:2013年12月13日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

※ 12月10日(火)一般質問の1日目の2番手で登壇いたしました。

冒頭(1回目)の質問内容

【内容】

 おはようございます。本日、2番目に登壇しました「垂水の新しい風」の「堀内 貴志」でございます。

 私にとりまして3年目11回目の一般質問になりますが、関係各課の皆様におかれましては、本日も明確かつ積極的な御答弁を期待しておりますのでよろしくお願い致します。

 最近、毎日のように垂水市の情報が、マスメディアで発信されているように思います。特に紅葉のこの時期になりますと中心は、中馬吉昭夫妻が昭和53年から30年以上にわたり育成管理された「垂水千本イチョウ」でしょうか。
 平成22年度に新設された「鹿児島県の景観大賞の第1号」にも選ばれ、
今では垂水市だけではなく、鹿児島県の名所の一つになっているのではないかと思っています。今年は、急激な寒さのお陰でイチョウの葉も一段と黄金色に輝いているように思いますが、土日に限らずに平日も多くの観光客が訪れているようです。
 この時期に垂水市で開催された「大野原のいきいき祭り」や「とんとこ祭り」と合わせると多くの観光客が垂水市に来られているのではないかと思っています。

 そんな中で先日の新聞に「垂水の魅力CMで発信へ」との記事が掲載されました。地域の魅力を発信する地元CM撮影が垂水市であり、お笑い芸人ビューティメーカーと市民がCM制作に熱演されたそうです。このCMは、食文化をテーマに全国に参加作品を募集し、垂水市の市民団体「海潟温泉再生会」から提案されたアイデアが「地元愛が強く感じられた」との理由で鹿児島県代表に選ばれたそうです。
 この度、作成されたCMは、来年1月下旬にインターネット上に公開された後に、投票で上位にランクされると、3月に沖縄で開催される「沖縄国際映画祭」で上映されるそうです。

 是非とも「沖縄国際映画祭」で上映されるように、投票の上位に食い込んで欲しいと思います。

それでは通告に従いまして、質問に入らせていただきます。


?? 「森の駅たるみず」を活かした垂水市の観光振興について
 
 大きな一つ目は、「森の駅たるみず」を活かした垂水市の観光振興について」お尋ねします。

 「森の駅たるみず」のある猿ヶ城渓谷は、垂水市のキャッチフレーズ「花と温泉と渓谷のまち」の一つであり、観光振興の大きなキーワードの一つです。
 私は、当選した当初のから、「森の駅たるみずを活かした観光振興」の在り方について質問をしておりますが、まだまだその観光資源を活かした取り組みは未完成のままの状態です。

 森の駅周辺の大自然を活かした取り組みを「森の駅たるみず」のみならず、垂水市全域で行えば、更に交流人口は増加するものと思っていますし、そういう意味では、まだまだ「伸びしろ」がある観光資源だと思っています。

 そこでまずは、「森の駅たるみず」のこれまでの経営の在り方と実績について
○ 森の駅の利用状況
○ 森の駅を中心に活動されている「NPOプロジェクトたるみず」と市の関係
○「山岳会」及び「キャニオリング」と市の関係、並びに収支の状況
について、わかる範囲で教えてください。

次に森の駅たるみずの今後の集客の取り組みと方向性について、数点お聞きします。
○ 1つ目は、猿ヶ城渓谷の周辺の動きで、「??財宝」が「温泉施設」を建設する計画があるようですが、どういう計画なのか?
○ 2つ目は、夏場にオープンした「多目的広場」の活用
○ 3つ目は、森の駅のHPには、「平成25年中に全コテージに温泉完備!」とありますが、どういう事業でどのように活用するのか?
○ 4つ目は、森の駅たるみずの一部の箇所で登山ルートの整備をしているようですが、どういう事業でどのように活用するのか?

 また旧キャンプ場から更に上部の道路が「通行止め」になっている箇所があるが、通行できるように整備はできないものか?
について判る範囲で教えてください。
○ 更に5つ目として飲食物の提供できる施設の検討はできないものか?
 このことは、平成23年第4回の一般質問でも、「喫茶室を開設」と「お土産物売り場の増設」を要望したことがありますが、当時の商工観光課長は、

 「森の駅の活性化施設は、県の「中山間地域総合整備事業」で整備されており、  加工室、会議室、体験室、加工用調理室などが目的で飲食・物販施設は設置できないようになっている。 しかし活性化施設の有効利用という観点から、物販施設や飲食施設も、農政局との協議が調えばできる。農政局と協議して行く」

旨の答弁を得ています。 

 それから2年が経過していますが、物販は少しづつ増えてきてはいますが、飲食場所は、一向に整備されない状況にあり、利用者からは、
「折角行ったのに、飲食する場所がなかったから直ぐに帰ってきた。」
「珈琲の1杯も飲む場所がないから何とかして欲しい。」
との声も一段と高まってきています。

 垂水まで来たいただいた方々が、少しでも垂水市での滞在時間を長くしてもらうことによって、街が潤ってくるものだと思います。是非とも前向きな回答を求めます。


 「森の駅たるみず」の付近一帯は、夏のキャンプや沢遊び、渓谷を活かしたキャニオニング、また自然豊かな山や渓谷を活かしたトレッキングコースや刀剣山や白山に繋がる登山、等々、観光誘致のための伸びしろは、豊富だと思っています。「森の駅たるみず」の今後の進むべき方向性についてどのようにお考えがお聞かせください。


?? 学校給食費の在り方について

大きな2つ目は、「学校給食費の在り方について」お尋ねします。

 現在、小・中学校の給食費については、学校給食の実施に必要な施設及び経費並びに学校給食の運営に要する経費のうち、政令で定めるものは義務教育設置者の負担とし、それ以外の学校給食に要する費用は、保護者の負担としています。
つまり主として食材費は保護者、その他の経費については設置者である垂水市の会計から負担するという2本立てで、学校給食の経費が運用されています。

 この食材費に充てられる経費が、保護者負担として「給食費」という形で徴収されていますが、この給食費の未納・滞納金が、全国的に大きな社会問題の一つになっています。

そもそも学校給食は、
○成長過程にある児童生徒に必要な食事を提供し、
○また、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けさせ、
○更には地場産物の活用による地域の文化や産業に対する理解を深めさせるなど、児童生徒の心身の健全な発達にとって教育的意義を有するものです。

 このような学校給食の意義・役割を各保護者に十分に認識していただくとともに、一部の保護者が学校給食費を未納することにより生じる問題についても認識していただきたいと思い、今回、質問のテーマにいたしました。

 学校給食の食材費は、保護者から徴収した給食費の範囲内で実施していますが、一部の保護者が未納であるために、結果として他者に影響を与えている。
つまり徴収した給食費の中で未納の児童生徒の分も作らざるを得ない現況にあります。
 もっと判りやすく言えば、給食費を真面目に支払いしている児童生徒の給食費で、未納の児童生徒の給食費を負担していることになり、各一人分の食材が減されているのではないかという考え方もあります。

 給食費の未納は、あくまでも保護者の責任であって、その児童生徒には責任はないことですが、未納によって生じる学校給食費の欠損分の対処方法について、対応策を考えなければいけないのではないでしょうか。

2回目以降の質問の中で細かいことについて尋ねて参りますが、まずは、垂水市の学校給食費について保護者の負担金、過去3年間の未納・滞納の実態についてお尋ねします。

以上で一回目の質問を終わります。

2013.12.10 一般質問の要旨
投稿日:2013年12月13日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ
2013.9.10 一般質問内容の要旨

第1  垂水市「森の駅たるみず」を活かした垂水市の観光振興について

  1. 質問1回目
    (1)   森の駅たるみずの経営の在り方と実績について
     ??
     森の駅の利用状況
     ?? 森の駅を中心に活動されている「プロジェクトたるみず」と市の関係
     ?? 「山岳会」及び「キャニオニング」と市との関係、収支の状況

    (2)   今後の集客の取組と方向性について
     ?? ??財宝が建設する温泉施設について
     ?? 多目的広場について
     ?? 森の駅の温泉設備について
     ?? 登山ルートの整備及び通行止め区間の整備について
     ?? 飲食物の提供施設について
     
  2. 質問2回目
    森の駅たるみずの指定管理制度導入の検討時期について
     
  3. 質問3回目
    森の駅たるみずを拠点とした垂水市の観光誘致の在り方について
    ?? 
    これからは一宿泊施設だけの情報発信ではなくて、垂水市全域で連携して互いの情報交換をしながら垂水市として情報発信することで、色々な考え方ができる。そのためにも、宿泊施設が互いに連携を図る目的で、仮称「垂水市内の宿泊施設組合」の組織を作ることが必要になってくる。
    垂水市の宿泊施設組合を作るための第1歩は、やはり行政の声掛けからだと思いますが ??

    この提案について、どのような考えかお聞きします。

?? 学校給食費の在り方について

  1. 質問1回目
    未納、滞納の実態について
     
  2. 質問2回目
     就学援助制度について
     
  3. 質問3回目
     (1) 給食費の一時補てんについて
     (2) 学校給食費の徴収方法について
     (3) 学校側の負担軽減について
     
  4. 質問4回目
    子育て支援の一環として学校給食費の無料化について検討できないか? 
議員定数の削減
投稿日:2013年12月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2103.12.20  議員定数の削減可決



 12月議会の最終本会議において、議員定数の削減案が可決しました。
 現在の定数は、16人ですが、次回の選挙(H27.4)から2人削減の14人になります。このことは、多くの方々から声が挙がっていたことでもあり、また私の選挙公約でもあったので、ひとまず定数削減できたことで一安心しているところです。

 しかしながら次回の選挙からは、厳しい闘いにもなるので、その点では心配でもありますが、みなさんからいい評価を得るようにこれからも頑張っていきます。

餅つき大会
投稿日:2013年12月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.21 餅つき大会??潮彩町




 潮彩町恒例の餅つき大会」が潮彩町でありました。
この餅つき大会は、町内の「いきいきサロン」が主催で子ども育成会と連携して実施していますが、今年で4回目を迎えます。

  臼で餅つきをして、みんなで丸めて飾り餅を作り、その後はぜんざい(餅入り)とからいも餅を食べました。参加した子ども達に、地元のいい想い出として残ってくれれば・・・。
 

 

鹿児島県よさこい連盟の忘年会
投稿日:2013年12月24日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.22 鹿児島県よさこい連盟

 

 
 鹿児島県内を盛り上げようと活動してきた同士の忘年会が、鹿児島市内(宇宿)であり、楽しい一時を過ごすことができました。

 今年は、いろいろな祭りに行き、多くの出会いがありました。
そして河井県連会長をはじめ、各チームの皆さまにはたいへんお世話になりました。また来年も、これに懲りずに、よろしくお付き合いの程をお願いします。
 


 

メリークリスマス
投稿日:2013年12月25日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.24 サンタさんからの贈り物
 

 昨日の朝、テレヒのニュースで「自衛隊の方がサンタの服を着てパラグライダーから降りて来て、子ども達にプレゼントを届けるシーン」を見た我が家の子ども達の会話です。

 ○小3 「えっ、サンタさんがパラグライダーで降りて来た。ソリじゃないの?」
 ○中1 「今は、時代の流れでパラグライダーで来る場所もあるの!」
 ○小3 「そうなの!」...

 ○小3 「えっ、お菓子を配っているけど、お菓子はいらないよね・・」
 ○中1 「お前は何が欲しいの?」
 ○小3 「ゲーム・3DS・LLかな」 
 ○中1 「たぶんサンタさん、届けてくれると思うよ!」


 小学3年生の子には、まだ夢がある!!!!(^_^)
 その夢を壊さなかった中学1年生には、思いやりがある!!!(^_-)

大隅肝属広域管理組合
投稿日:2013年12月25日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

2013.12.24 定例監査

12月定例監査に行って参りました。

謹賀新年2014
投稿日:2013年12月28日  投稿者:堀内貴志   詳細表示へ

 
 明けましておめでとうございます。


 

  お健やかに新年をお迎えのことと存じます。

  本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

               2014年・うま年



  

  

twitter
facebook
このページを購読する
アクセスカウンタ
トータル55555
昨日335
篁頑律195